【VW e-ゴルフ 発表】2015年年央に日本導入…CHAdeMO対応、航続距離215km

自動車 ニューモデル 新型車

VW・e-ゴルフ(日本仕様)
  • VW・e-ゴルフ(日本仕様)
  • VW・e-ゴルフ(日本仕様)
  • VW・e-ゴルフ(日本仕様)
  • VW・e-ゴルフ(日本仕様)
  • VW・e-ゴルフ(日本仕様)
  • VW・e-ゴルフ(日本仕様)
  • VW・e-ゴルフ(日本仕様)
  • VW・e-ゴルフ(日本仕様)
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、ゴルフのEV(電気自動車)仕様『e-ゴルフ』を日本に導入、2015年年央より発売すると発表した。価格は未定。

e-ゴルフは、7代目『ゴルフ』をベースに電動化。エネルギー容量24.2kWhのリチウムイオン電池を床下にバランスよく配置したことで、さらなる静粛性と重厚感、安定した乗り心地を実現している。最大出力は85kW(116ps)、最大トルクは270Nm。0-100km/h加速は10.4秒、最高速度140km/hの性能を発揮する。満充電時の航続可能距離は215km(JC08モード)。

外観は、フォルクスワーゲンEVのデザイン アイデンティティを踏襲するとともに、インテリアもシートステッチにイメージカラーの“ブルー"をアクセントとして用いている。

充電ポートも2個(普通充電200V+急速充電CHAdeMO)標準装着。充電量ゼロから満充電までにかかる時間は、200Vの普通充電で約9時間、急速充電では、約30分で約80%充電できる。

純正インフォテイメントシステム「Discover Pro」は、電力消費およびエネルギーの回生状況をモニタリングして、航続可能距離をわかりやすく表示。また、車両のセッティングによる電力消費も計算し、再充電なしで往復可能なエリアを360度表示できるほか、最寄りの充電スポットを案内する機能も装備する。

安全面では、日本仕様のゴルフに標準装備するプリクラッシュブレーキシステム「Front Assist Plus」と追突時の二次被害を軽減するマルチコリジョンブレーキシステムに加え、事故発生の直前に、自動的にシートベルトを巻き上げたり、開いている窓やスライディングルーフを閉めるプロアクティブ・オキュパント・プロテクションなども、全車に標準装着する。

そのほか、ドライビングプロファイル機能や4段階の回生ブレーキ選択機能に加え、日本仕様には、冬季の暖房による電力消費を抑えるためのヒートポンプを標準搭載する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集