【WEC】2015年スケジュール発表…来季もルマン、富士を含む全8戦を予定

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2015年のWECレースカレンダーが発表された。
  • 2015年のWECレースカレンダーが発表された。
  • 来季もWECはルマン、富士を含む全8戦の予定。
  • LMGTEクラスのフェラーリ勢が富士の戦いに出陣していく。
  • #2 Audi R18 e-tron quattro(M.ファスラー&A.ロッテラー&B.トレルイエ)は、初日は2セッションとも僚友#1に次ぐ2番手タイム。
  • 金曜のプレスカンファレンスに出席した(左から)ポルシェのM.ウェバー、トヨタの中嶋一貴、アウディのL.デュバル。
  • 来場した地元の子供たちと中嶋一貴らの記念撮影。
FIA世界耐久選手権(WEC)2015年シリーズの暫定スケジュールが、10日、今季第5戦開催中の富士スピードウェイで発表された。来季も全8戦、富士戦は10月11日決勝予定となっている。

■2015年 世界耐久選手権 暫定スケジュール(2014年10月10日発表)
公式テスト 3月27~28日 ポールリカール(フランス)
第1戦 4月12日 シルバーストン(イギリス)
第2戦 5月2日 スパ・フランコルシャン(ベルギー)
ルマン・テスト 5月31日
第3戦 6月13~14日 ルマン24時間(フランス)
第4戦 8月30日 ニュルブルクリンク(ドイツ)
第5戦 9月19日 オースティン(アメリカ)
第6戦 10月11日 富士(日本)
第7戦 11月1日 上海(中国)
第8戦 11月21日 サクヒール(バーレーン)
※上記のレース日程は決勝予定日(ルマン以外は6時間レース)。このスケジュールは、FIAワールドモータースポーツカウンシルの承認を受けてから決定される。

今季からの主な変更点は、11月末のブラジル・サンパウロ戦が外れて、ドイツ・ニュルブルクリンク(GPコース)戦が8月末に加わったこと。それ以外に関しては、概ね今季の流れを踏襲したものとなっている。

日本の目線で見た時に気になるのは、現段階で開幕戦の日程が全日本選手権スーパーフォーミュラ(SF)と重なっている点だ。WECとSFの双方に参戦しているロイック・デュバル、アンドレ・ロッテラー、中嶋一貴ら有力選手の存在を考えると、これは小さくない問題ではある(もちろん今後の調整等で解消される可能性も充分あるが。また、WECとSUPER GTの来季日程重複は現状、複数箇所存在する)。

なお、今季のWEC第5戦「6 HOURS OF FUJI」はこの日から走行セッションがスタート。各1時間30分のフリー走行が2回行なわれ、アウディ、トヨタ、ポルシェの三つ巴の戦いが展開されている最高峰クラス「LMP1-H」では、アウディ勢が2回ともベストタイム順で1-2を占めている。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集