【WEC 第5戦】トヨタレーシング、富士6時間耐久3連覇を目指す

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

トヨタレーシング・富士6時間耐久レース
  • トヨタレーシング・富士6時間耐久レース
  • トヨタレーシング・富士6時間耐久レース
  • トヨタレーシング・富士6時間耐久レース
  • トヨタレーシング・富士6時間耐久レース
トヨタ・レーシングは今週末富士スピードウェイで開催される、WEC第5戦 富士6時間耐久レースに2台の『TS040ハイブリッド』で参戦するが、#8のドライバーとして前半戦に出場してきたニコラス・ラピエールは、都合により今大会を欠場する。

今回のWEC第5戦については、ラピエールに代えて別のドライバーを起用することはなく、#8はアンソニー・デビッドソンとセバスチャン・ブエミの2人で6時間を戦う。2人は全8戦中4戦終了時点で、11点差で首位につけるドライバーズ選手権でのリードを守るべく富士6時間耐久レースに臨むこととなる。

#7は中嶋一貴がチームに復帰。アメリカ・オースティンで行われた第4戦は、日本国内のレースとの日程都合上参加を見合わせた中嶋だが、富士では昨年、一昨年の優勝時のパートナーでもあるアレックス・ブルツと、今年からチームを組んだステファン・サラザンと共にTS040 HYBRID #7のステアリングを握る。

WECはシーズン前半4戦を終えたが、TS040ハイブリッドは4輪で駆動される1000馬力のパフォーマンスを十分に発揮し、全てのレースで勝利を争い、3回のポールポジションと2回の優勝を飾っている。

WEC第5戦となる富士6時間耐久レースを前に、トヨタ・レーシングはマニュファクチャラーズ選手権で18ポイント差の2位につけている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集