【インターモト14】トライアンフ、新型 ストリートトリプルRX など4車種を初公開

モーターサイクル エンタメ・イベント

トライアンフ・ストリートトリプルRX(ドイツ・インターモト 2014)
  • トライアンフ・ストリートトリプルRX(ドイツ・インターモト 2014)
  • トライアンフ・ストリートトリプルRX(ドイツ・インターモト 2014)
  • トライアンフ・ストリートトリプルRX(ドイツ・インターモト 2014)
  • トライアンフブース(ドイツ・インターモト2014)
  • トライアンフ・ボンネビル ニューチャーチ(ドイツ・インターモト 2014)
  • トライアンフ・ボンネビル ニューチャーチ(ドイツ・インターモト 2014)
  • トライアンフ・ボンネビルT214(ドイツ・インターモト 2014)
  • トライアンフ・ボンネビルT214(ドイツ・インターモト 2014)
イギリスの二輪車メーカー、トライアンフは、ドイツ・ケルンで開催された「インターモト2014」に、『ボンネビル』のスペシャルバージョンを3モデル、そして『スピードトリプルR』にもスペシャルバージョンを2015年型として用意し、お披露目を行なった。

ボンネビルの1台は、トライアンフ・フェスティバルが毎年行なわれるオーストリアの町の名前「ノイキルヘン(ドイツ語で新しい教会という意味)」に由来した『ニューチャーチ』。赤のピンストライプ入りホイール、カスタム風シート、随所の黒色パーツが特長で、フロント径は17インチだ。

『ボンネビル・スピリット』は、フロント19インチの『ボンネビルT100』がベースで、スピリット・ブルー/ニューイングランド・ホワイトのペイントを施した燃料タンクとリヤマッドガードを特徴とし、カスタマイズ精神を主張。もう1台の『ボンネビルT214』は同じくT100がベースで、ジョニー・アレンが1956年に打ち立てた最高速記録214.4mphを祝福するモデルで、限定1000台となる。

そして、『ストリートトリプルRX』は、ストリートトリプルRを基本に、『デイトナ675』イメージとしたモデルで、デイトナ675のレッドサブフレーム、レッドホイール、シートカウル、クイックシフターなどを装備する。
《和歌山 利宏》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集