ホンダ、Androidベースの新インフォテインメントにNVIDIA Tegraプロセッサを採用

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ホンダコネクト
  • ホンダコネクト
  • ホンダコネクト
  • ホンダ・新型シビック
  • NVIDIA Tegraモバイルプロセッサ
半導体大手の米NVIDIA社は、ホンダが2015年に欧州で発売する新型『シビック』『シビックツアラー』『CR-V』に搭載する新インフォテインメントシステム「ホンダコネクト」に「NVIDIA Tegraモバイルプロセッサ」が採用されたと発表した。

NVIDIAとホンダは、共同開発を進めた結果、3モデルのインフォテインメントシステムに、組み込みOSとしてAndroid 4.0.4を採用することに成功した。ホンダコネクトは、7インチの静電容量式タッチスクリーンディスプレイを採用。NVIDIA Tegraプロセッサを搭載することで、ピンチ、ズーム、スワイプなど、スマートフォンやタブレット同等の応答性能を実現している。

ホンダコネクトでは、サテライトナビゲーション、AM/FM/DAB、リアビューカメラ、車両情報などにアクセス可能。また、ホンダ・アプリセンターから、Aha Radioなど、タッチスクリーンで使えるアプリをダウンロードすることもできる。

今回、ホンダが自動車用Tegraプロセッサを採用した結果、車載インフォテインメントシステムにNVIDIAテクノロジーを活用する自動車メーカーは17社となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集