プジョー 308 新型、ボディとエンジン小型化で11月5日発売…279万円から

自動車 ニューモデル 新型車
プジョー 308 新型
  • プジョー 308 新型
  • プジョー 308SW 新型
  • プジョー 308SW 新型
  • プジョー 308 新型
  • プジョー 308 新型
プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーの新型『308』と『308SW』を11月5日より発売すると発表した。

新型308は、大きな開口部を持つフロントグリルやフルLEDヘッドランプを備えるなど、エレガンスと力強さをあわせもつ流麗なデザインとした。インテリアでは、直感的で操作性に優れた先進装備「i-コックピット」を採用。小径ステアリング、ヘッドアップインストルメントパネルをはじめ、視認性と操作性を一体化したタッチスクリーンなど、ドライバー重視の設計となっている。

308のボディサイズは、現行308に対し全長・全幅・全高ともにダウンサイジング。SWは全長を85mm拡大させ、スタイリッシュでありながら機能性を向上させた。

また新型308には、PSAグループが開発した次世代モジュラー型プラットフォーム「EMP2」を採用。アルミや複合素材を使用することにより、従来に比べ70kgの軽量化を実現している。

パワーユニットは、EURO6に適合した新エンジン「PureTech」にターボを組み合わせた1.2リッター直列3気筒を搭載、最高出力は130psを発揮する。第3世代の6速AT「EAT6」との組み合わせで、スムーズでレスポンスの速い乗り心地を実現する。

新型308は、ハッチバックとSWの2車種、5モデルを用意。ハッチバックではエントリーモデルの「プレミアム」、「アリュール」、電動サンシェード付パノラミックガラスルーフを装備した「シエロ」を、SWでは「プレミアム」と「シエロ」をラインナップする。

価格は279万円から339万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集