【パリモーターショー14】ホンダ シビック、欧州で2015年型…内外装をアップデート

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ シビック の2015年モデル
  • ホンダ シビック の2015年モデル
  • ホンダ シビック の2015年モデル
  • ホンダ シビック の2015年モデル
  • ホンダ シビック の2015年モデル
ホンダが、9月24日に発表した欧州向け『シビック』の2015年モデル。新グレードの「スポーツ」を含めた全車が、内外装を変更している。

内外装の変更は、2015年モデルのハッチバックとワゴンの「ツアラー」に適用。外観はフロントマスクを中心に変更。デイタイムライトを組み込んだ新デザインのヘッドランプをはじめ、フロントバンパーも新デザインとした。

ハッチバックは、リアバンパー、サイドスカート、リアスポイラーの形状を見直し。LEDを使ったテールランプも新しい。

室内は、シートのファブリック素材を変更。ヘッドレストには、ステッチを添えた。ドアトリムも新デザインで、ドアハンドルはクローム化。操作パネルはメタリックブラックで仕上げた。

2015年モデルのシビックには、ホンダが新開発した車載インフォテインメント、「ホンダ・コネクト」を初採用。安全面では、全車に、低速走行時の自動ブレーキを標準装備した。なお、2015年モデルの実車は10月、フランスで開催されるパリモーターショー14で初公開される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集