スズキ、インドネシア市場にハヤブサなど4機種を導入

モーターサイクル 企業動向
スズキ・ハヤブサ
  • スズキ・ハヤブサ
  • スズキ・GSR750
  • スズキ・バーグマン200
  • スズキ・V-ストローム650
スズキのインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社(SIM社)は9月26日、中型二輪車および大型二輪車4機種を順次発売すると発表した。

インドネシアでは所得の向上に伴い、ツーリングなどのレジャー用途に中・大型二輪車の需要が高まってきており、一昨年に投入した250ccのスポーツモデル『イナズマ』に加え、中・大型機種のラインアップを拡充することでスズキブランドの訴求と拡販を図る。

今回発売するのはロードスポーツバイク『ハヤブサ』『GSR750』、スポーツアドベンチャーツアラー『V-ストローム650 ABS』、中型スクーター『バーグマン200』の4機種。ハヤブサ、GSR750、V-ストローム650 ABSの3機種は、日本から輸入し、バーグマン200は、タイスズキ社より輸入して9月より順次発売する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集