東芝、シンガポール鉄道会社と合弁でPMSM販売会社設立へ

鉄道 企業動向

【シンガポール】東芝は23日、永久磁石同期モーター(PMSM)を用いた鉄道車両向け駆動システムのエンジニアリング、販売、据え付けを行う合弁会社をシンガポールに設立すると発表した。

 新会社は「レイルライズ」で、東芝とシンガポールの鉄道事業者SMRTのエンジニアリング子会社シンガポール・レイル・エンジニアリングが折半出資する。東芝の高効率な鉄道システム向け製品、技術とシンガポール・レイルの持つ鉄道事業者としてのノウハウ、運用実績データなどを融合し、駆動システムを中心とした鉄道システムの高効率化、省メンテナンス性を実現するソルーションを世界の鉄道事業者向けに提供する。

 PMSMは回転子に永久磁石を用い、軽量でエネルギー効率の高いモーター。発熱量が減らせるため、モーター内部を密閉し、自己放熱によって本体を冷やす「全密閉・自冷式」の冷却方式を採用し、騒音の低減、メンテナンスの簡素化を実現する。

 東芝は2013年に、消費電力量を従来比約30%削減するなどPMSMの高い環境性能が評価され、SMRTの既存車両の駆動システムを受注した。

東芝、シンガポールに鉄道向け駆動システムのエンジニアリング合弁会社

《newsclip》

編集部おすすめのニュース

特集