チョロQ、障害物センサー搭載の自動走行モデル Q-eyes が登場

自動車 ビジネス 企業動向

Q-eyes
  • Q-eyes
  • Q-eyes
  • Q-eyes
  • Q-eyes コースガレージセット NISSAN GT-R
  • Q-eyes コースガレージセット NISSAN GT-R
タカラトミーは、障害物を検知し、ぶつからないよう自動走行する電池駆動のチョロQ「Q-eyes」4種を9月30日より発売する。

プルバックゼンマイ搭載のディフォルメミニカー「チョロQ」は、第一号試作品誕生から今年で35年。同社では35周年記念モデルとして、自動走行が楽しめる新シリーズ Q-eyesを発売する。

Q-eyesはヘッドライト下のセンサーで障害物を検知し、ぶつからないようにステアリングを切りながら走行する。手をかざして走行方向を変えたり、1cmの高さがあるものでコースを作って走らせたりもできる。

発売車種は日産『リーフ 自動走行車』『GT-R』、スバル『WRX STI』、ダイハツ『コペン Xmz』の4種。充電は10秒で完了。1回の充電で約1分間走行できる。

また、専用コースと車庫、本体を同梱した「Q-eyes コースガレージセット NISSAN GT-R」も同日発売する。

価格はQ-eyesが各3,780円、コースガレージセットが5,940円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集