【ジャカルタモーターショー14】ダイハツ アイラ GT2 は、アイラ人気をさらに刺激するカンフル剤

自動車 ニューモデル モーターショー

ダイハツ アイラGT2(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ アイラGT2(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ アイラGT2(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ アイラGT2(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ アイラGT2(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ アイラGT2(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ アイラGT2(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ アイラGT2(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ アイラGT2(ジャカルタモーターショー14)
ダイハツ『アイラ』(と姉妹車のトヨタ『アギア』)のデビューは12年のジャカルタモーターショー。LCGC(ローコストグリーンカー)と呼ぶ税制優遇策の施行が当初計画より遅れたため、発売が翌13年9月にズレ込んだが、以後の販売は好調だ。発売まもない2013年ジャカルタショーで、スポーティにドレスアップしたショーカーの『アイラGT』を披露するなど、話題作りの努力も功を奏しているのだろう。

今回の『アイラGT2』は1年前のアイラGTの進化版だ。全体のイメージはアイラGTを踏襲しながら、フロントオーバーハングを切り詰めてバランスを改善。ランプやスポイラーなど、ディテールも現実的なデザインになった。量産化は遠くないと見てよさそうだ。日本のダイハツの軽自動車は標準モデルとカスタムの二本建て。アイラにもカスタム的なグレードが追加されて不思議はない。

ちなみにダイハツはジャカルタショーの開幕直前に、マレーシアの現地合弁企業であるプロドゥアの新スモールカー、『アジア(Axia)』を発表した。アイラと同じく『ミライース』で培った低燃費・低コスト技術を応用したクルマであり、”グローバル・Aセグメント・プラットホーム”をアイラと共有している。

ただし、開発が新しいプロドゥア・アジアにはボディ剛性の向上などの改良が図られており、ダイハツ海外本部長の福塚政廣・専務執行役員によれば「アイラにもマイナーチェンジで同じ改良を盛り込む」とのこと。そのマイナーチェンジのタイミングでGT2の量産版も発売…と期待したい。
《千葉匠》

編集部おすすめのニュース

特集