【リコール】北米仕様 トヨタ FJクルーザー と タコマ…スペアタイヤ関連の誤表記

自動車 テクノロジー 安全

トヨタ FJクルーザー
  • トヨタ FJクルーザー
  • トヨタ・タコマ
トヨタ自動車が、米国市場で販売した『FJクルーザー』とピックアップトラックの『タコマ』。両車が、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは9月15日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「トヨタ自動車の米国部門から、FJクルーザーとタコマに関するリコールの届け出を受けた」と発表している。

今回のリコールは、スペアタイヤの表記の誤りによるもの。NHTSAによると、トヨタ販売店で装着された純正オプションのタイヤ&ホイールに、スペアタイヤのサイズや空気圧について、誤ったデータが記載されているという。

リコールの対象となるのは、2008‐2014年モデルのFJクルーザーとタコマ。米国で販売されたおよそ2万台が、リコールに該当する。

トヨタの米国部門は、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、正しい表記のラベルに貼り換えるリコール作業を実施するとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集