【パリモーターショー14】ルノー の ダチア、小型MPVの ロッジー に「ステップウェイ」…SUVテイスト

自動車 ニューモデル 新型車

ダチア ロッジー・ステップウェイ
  • ダチア ロッジー・ステップウェイ
  • ダチア ロッジー・ステップウェイ
  • ダチア ロッジー・ステップウェイ
  • ダチア ロッジー・ステップウェイ
  • ダチア ロッジー・ステップウェイ
フランスの自動車大手、ルノーのダチアブランドは9月17日、『ロッジー・ステップウェイ』の概要を明らかにした。実車は10月、フランスで開催されるパリモーターショー14で初公開される。

ダチアはもともと、ルーマニアの自動車メーカー。1966年創業と長い歴史を誇る。当初はルノー車をノックダウン生産していたが、1980年代半ばから、独自モデルを開発してきた。ところが1990年代の半ば、経営が悪化。1999年にはルノーの傘下に入り、経営再建に取り組んだ。現在では、ルノーグループの低価格車の開発と生産を担当する重要な役割を担う。

ダチアブランドがパリモーターショー14で初公開するのが、ロッジー・ステップウェイ。同車は、小型MPVの『ロッジー』をベースに、クロスオーバー車的なテイストを強調。すでに「ステップウェイ」は、ダチアやルノー車に設定されている。

ロッジー・ステップウェイでは、ボディ同色前後バンパー、サテンクローム仕上げの前後スキッドプレート、ブラックのホイールアーチプロテクション、ダークメタル色のルーフバーなどを装備。室内は、ブルーのステッチをアクセントに使用。ダッシュボードのダイヤルや空調周りにも、ブルーが使われ、ダークカーボン調パネルとコントラストを示す。

エンジンは、ガソリンが「TCe115」、ディーゼルが「dCi110」。ディーゼルは、欧州複合モード燃費22.7km/リットル、CO2排出量116g/kmの環境性能を実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集