ジープ グランドチェロキー、米国で2015年型…装備充実

米国の自動車大手、クライスラーグループのジープブランドは9月上旬、米国で2015年モデルの『グランドチェロキー』を発表した。

自動車 ニューモデル 新型車
ジープ グランドチェロキーの2015年型
  • ジープ グランドチェロキーの2015年型
  • ジープ グランドチェロキーの2015年型
  • ジープ グランドチェロキーの2015年型
米国の自動車大手、クライスラーグループのジープブランドは9月上旬、米国で2015年モデルの『グランドチェロキー』を発表した。

グランドチェロキーは2013年1月、デトロイトモーターショー14において、2014年モデルを発表。現行グランドチェロキーのデビュー以来、初の大幅改良を受けた。今回発表の2015年モデルは、比較的小規模な改良にとどめる。

2015年モデルでは、「サミット」グレードが装備をグレードアップ。タンカラーのレザー内装が選択可能になった。このタン内装には、ブラックのステッチが入る。ウッドパネルは、ダーク仕上げ。ドアシルプレートは、サミットの文字が光る。

また、車内のノイズを低減するANCを標準装備。ウインドシールドと2列目シートのガラスにも加工を施し、静粛性を引き上げた。

また、2015年モデルでは、「サミット・カリフォルニア・エディション」を新設定。ボディ同色パーツをはじめ、フロントグリルなどには、クロームのアクセントを添えた。サテンカーボン仕上げの20インチアルミホイールもセットされる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集