アウディ S6、欧州で改良新型…450hpツインターボを継続搭載

自動車 ニューモデル 新型車
改良新型 アウディ S6
  • 改良新型 アウディ S6
  • 改良新型 アウディ S6
  • 改良新型 アウディ S6
  • 改良新型 アウディ S6
  • 改良新型 アウディ S6 アバント
  • 改良新型 アウディ S6 アバント
  • 改良新型 アウディ S6 アバント
  • 改良新型 アウディ S6 アバント
ドイツの高級車メーカー、アウディは9月4日、欧州で改良新型『S6』と『S6アバント』を発表した。

両車の改良内容は、同時に発表された『A6』と『A6アバント』の大幅改良モデルに準じる。内外装のリニューアルが、主な内容となる。

外観は、グリル、ヘッドライト、バンパー、サイドシル、テールランプ、マフラーなどのデザインを変更。ヘッドライトにはオプションで、ダイナミックウインカー機能付きマトリックスLEDが設定される。

内装は、素材や色を見直し、クオリティのさらなる向上を追求。前席には、オプションで換気機能とマッサージ機能を採用。ナビゲーションシステムを核とした「MMI」も、最新版にアップデートされた。

S6とS6アバントのパワートレインは、直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボ「TFSI」を継続搭載。最大出力は450hpを発生する。駆動方式は4WDのクワトロ。0-100km/h加速は4.4秒(アバントは4.6秒)で駆け抜ける。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集