アストンマーチン DB9 と ラピード、米国でリコール…ギアが突然ニュートラルに

自動車 テクノロジー 安全

アストンマーチン DB9
  • アストンマーチン DB9
  • アストンマーチン ラピード S
英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーチン。同社が米国市場で、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは8月29日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。『DB9』、『ラピードS』の2車種に関して、アストンマーチンの北米法人からリコールの届け出を受けたと公表している。

今回のリコールは、トランスミッションの不具合が原因。NHTSAによると、走行中、突然トランスミッションのギアがニュートラル状態になる場合があるという。

リコールの対象となるのは、2013年6月から2014年7月にかけて生産されたモデル。米国では440台が該当する。

アストンマーチンは対象車を保有する顧客と連絡を取り、交換部品が用意でき次第、トランスミッションを制御する回路基板を交換するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集