【スズキ スイフト 試乗】カタチも乗り味のよさも“特別仕様”なSTYLE-DJE…島崎七生人

試乗記 国産車
スズキ・スイフト STYLE-DJE
  • スズキ・スイフト STYLE-DJE
  • スズキ・スイフト STYLE-DJE
  • スズキ・スイフト STYLE-DJE
  • スズキ・スイフト STYLE-DJE
  • スズキ・スイフト STYLE-DJE
  • スズキ・スイフト STYLE-DJE
  • スズキ・スイフト STYLE-DJE
  • スズキ・スイフト STYLE-DJE
2トーンおよび“プラズマイエローパールメタリック”は、ベース車の XG-DJE にはない特別仕様車「STYLE」だけのボディ色。けれど、走りの心地よさもトクベツなのは、試乗してみての大きな発見だった。

XG(FF)ベースのためリヤブレーキがディスクではなくなるのは事実。一方でサスペンションは XG のまま、タイヤサイズが185/55 R16 83V(試乗車:BS TURANZA ER300・日本製)にグレードアップ。そしてパワートレイン系(パワステの制御含む)はDJEのものとなるが、この組み合わせ、バランスが実にいいのである。

とくに乗り味が街中でもワインディングでもこなれていたり、ステアリングの操舵力が自然な重みだったりするのは、このクルマの大きな美点。CVTを介して発揮される DJE のパフォーマンスも十分に快活だ。先に試乗済みの「RS-DJE」もスポーティだが、コチラは、およそ実用領域の全般で快適でしなやかな走りが味わえる。

専用シート表皮のメイン材(ラックススェード)独特の伸縮性の高さも、乗り味の良さにひと役買っている。レポーターの好みではパイピング色はコントラストの低いダークグレーなら、より落ち着いた雰囲気になると思った。

本革巻きのステアリングホイールは真円かつ全周同一の断面形状で扱いやすいし、後付けエアロパーツのない外観は『スイフト』本来のプレーンなデザインが楽しめ好感がもてる。UV、IRをカットしてくれるフロント&フロントドアガラスも、炎天下の試乗で効果が実感できた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集