【モスクワモーターショー14】マツダ SKYACTIV レーサー 登場…市販ベースで450ps[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

マツダ・SKYACTIV レーサー(モスクワモーターショー14)
  • マツダ・SKYACTIV レーサー(モスクワモーターショー14)
  • マツダ・SKYACTIV レーサー(モスクワモーターショー14)
  • マツダ・SKYACTIV レーサー(モスクワモーターショー14)
  • マツダ・SKYACTIV レーサー(モスクワモーターショー14)
  • マツダ・SKYACTIV レーサー(モスクワモーターショー14)
  • マツダ・SKYACTIV レーサー(モスクワモーターショー14)
  • マツダ・SKYACTIV レーサー(モスクワモーターショー14)
  • マツダ・SKYACTIV レーサー(モスクワモーターショー14)
マツダはモスクワモーターショーで、最新のレーシングカー『SKYACTIV レーサー』をロシアに初めて持ち込んだ。

SKYACTIV レーサー は、今年1月のデトロイトモーターショー14でワールドプレミア。このレーシングカーは、現在米国で行なわれている「チュードル・ユナイテッド・スポーツカー選手権」に参戦中だ。

パワーユニットには、市販用の「SKYACTIV-D」をベースにした、2191cc直列4気筒ターボディーゼルエンジンを搭載。レース専用のチューニングを受けた同ユニットは、最高出力450ps、最大トルク80.1kgmを引き出す。

トランスミッションには6速シーケンシャル式を組み合わせ、カーボンモノコックボディによる軽量さ(車両重量900kg)とも相まって、最高速度は300km/hに達する。

モスクワモーターショーでマツダは、「SKYACTIV」というテーマのもとでレーシングカーを強調した出展により、同社の取り組みの面白さなどをアピールした。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集