史上最年少、16歳のF1ドライバー…イベントでアクシデント[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

史上最年少のF1ドライバー、マックス・フェルスタッペン選手のイベントでのアクシデント映像
  • 史上最年少のF1ドライバー、マックス・フェルスタッペン選手のイベントでのアクシデント映像
史上最年少の16歳で、「トロロッソ」から2015年のF1参戦が決まったマックス・フェルスタッペン選手。同選手の地元オランダでのイベントのアクシデント映像が、ネット上で公開されている。

マックス・フェルスタッペン選手は、現在16歳。父親は元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペン氏という血統の良さを誇り、2014年シーズンのF3で8勝を挙げ、F1へのステップアップを決めた。

2015年のF1は、トロロッソからの参戦。その時点で、同選手は17歳になっているが、F1史上、最年少ドライバーであることに変わりはない。

そんな、マックス・フェルスタッペン選手が、8月下旬、地元オランダ・アムステルダムで開催されたイベントに登場。公道を封鎖した特設コースで、F1マシンをデモ走行させた。

ところが、フェルスタッペン選手、多くのF1ドライバーが華麗に決めるドーナツスピンが不慣れだった様子。そして、ドーナツスピンに悪戦苦闘した後、F1マシンは…。

アクシデントの一部始終は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集