【モスクワモーターショー14】オペルの小型SUV、モッカ にモスクワ仕様…モスクワの地図を描く

自動車 ニューモデル 新型車
オペル モッカ の モスクワエディション
  • オペル モッカ の モスクワエディション
  • オペル モッカ の モスクワエディション
  • オペル モッカ の モスクワエディション
  • オペル モッカ の モスクワエディション
  • オペル モッカ の モスクワエディション
  • オペル モッカ の モスクワエディション
  • オペル モッカ の モスクワエディション
  • ショー会場の天井は、ルーフのグラフィックが見えるよう鏡張りになっている
米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルは8月27日、ロシアで開幕したモスクワモーターショー14において、『モッカ』の「モスクワエディション」を初公開した。

モッカは2012年3月、ジュネーブモーターショー12でデビュー。GMが2012年1月、デトロイトモーターショー12で発表した小型クロスオーバー車、ビュイック『アンコール』をベースに開発された。

モッカには、アンコールとは異なる専用フロントマスクを採用。さらに欧州向けらしく、エンジンには1.7リットル直列4気筒ターボディーゼル「CDTI」が設定される。このCDTIユニットは、最大出力130ps、最大トルク30.6kgmを引き出す。

モスクワモーターショー14で初公開されたモッカのモスクワエディションは、モッカをベースにしたデザインコンセプトカー。ボディカラーにはオレンジを採用。ボンネット、ルーフ、リアには、モスクワ市街地の地図をモチーフにしたグラフィック加工が施された。

室内は、ソフトレザー素材などでグレードアップ。シートのステッチには、ブルーとオレンジを使う。フロアマットも、ブルー&オレンジ仕上げ。オペルは、「ロシアの首都、モスクワをイメージした」と、そのコンセプトを説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【モスクワモーターショー14】シボレーのSUV、ニーバ に次期型コンセプト…モダンに変身 画像 【モスクワモーターショー14】シボレーのSUV、ニーバ に次期型コンセプト…モダンに変身
  • 【モスクワモーターショー14】三菱 アウトランダーPHEV、ロシア初公開…鏡面ボディで日本の美イメージ 画像 【モスクワモーターショー14】三菱 アウトランダーPHEV、ロシア初公開…鏡面ボディで日本の美イメージ
  • 【モスクワモーターショー14】露アフトワズのラーダ、SUVコンセプトの XRAY が進化…2016年市販へ 画像 【モスクワモーターショー14】露アフトワズのラーダ、SUVコンセプトの XRAY が進化…2016年市販へ
  • 【モスクワモーターショー14】ロシアならでは!? 第二次世界大戦中の軍用車がズラリ 画像 【モスクワモーターショー14】ロシアならでは!? 第二次世界大戦中の軍用車がズラリ

特集

おすすめのニュース