【ジャガー Fタイプ クーペ 発売】国内でのメインはコンバーチブルよりもクーペ

自動車 ニューモデル 新型車
ジャガー・Fタイプクーペ
  • ジャガー・Fタイプクーペ
  • ジャガー・Fタイプクーペ
  • ジャガー・Fタイプクーペ
  • ジャガー・Fタイプクーペ
  • ジャガー・Fタイプクーペ
  • ジャガー・Fタイプクーペ
  • ジャガー・Fタイプクーペ
  • ジャガー・Fタイプクーペ
ジャガー・ランドローバー・ジャパンが導入を開始した、ジャガー『Fタイプクーペ』には、約100台の予約注文が入っているという。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンマーケティング・広報部の須藤博さんによると、「クーペのユーザーのほとんどは、試乗をせずに、スタイリングがかなり気に入ったという理由で購入する傾向が強い」という。

コンバーチブルとクーペの販売割合は、「日本の場合、購入するユーザーはFタイプに限らず、ほとんどがクーペで、コンバーチブルは大体10%程度だ」と須藤さん。

クーペ登場以前にコンバーチブルを購入したユーザーは、「クーペまで待てないという方がコンバーチブルを購入していたと考えている。従って、クーペが出た後は、ほとんどがクーペを購入されている」と述べ、その理由を、「日本でコンバーチブルを気持ちよく乗れる期間は、年に数週間しかなく、それを踏まえての購入が多いからだ」と分析。

日本におけるジャガーの販売台数のうち、「Fタイプは2割弱を予想している。メインは『XF』で4割強だ。Fタイプが属するセグメントのボリュームに当てはめると、0.5%程度の規模が想定されることを考えると、新車効果も含めて販売には期待している」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集