【リコール】ドゥカティ ディアベルシリーズ、燃料漏れのおそれ

モーターサイクル 企業動向
改善箇所
  • 改善箇所
ドゥカティジャパンは8月19日、『ディアベル』シリーズの燃料タンクに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ディアベルシリーズ7車種で、2011年2月20日~2013年11月29日に輸入された1678台。

ポリエチレン製の燃料タンクにおいて、製造管理が不適切なため、成形時に巣が発生しているものなどがある。そのため、タンクから燃料が漏れるおそれがある。

全車両、燃料タンクを点検し、燃料が漏れるおそれのあるものは良品と交換する。

不具合発生件数は61件で、国土交通省の指摘により発見した。事故は起きていない。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集