ヒュンダイのSUV サンタフェ、米国でリコール22万台…スプリングが腐食

自動車 テクノロジー 安全
ヒュンダイ サンタフェ(2代目モデル)
  • ヒュンダイ サンタフェ(2代目モデル)
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の主力SUV、『サンタフェ』。過去に米国で販売された同車が、米国でリコール(回収・無償修理)を届け出たことが分かった。

これは8月1日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。NHTSAによると、サンタフェのフロントサスペンションのコイルスプリングが腐食。コイルスプリングが折れて、事故につながる恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、米国で販売された2001‐2006年モデルのサンタフェ 合計22万5000台。ヒュンダイは対象車の顧客と連絡を取り、速やかにコイルスプリングを交換するリコール作業を行う予定。

初代サンタフェはヒュンダイの中型クロスオーバー車として、2000年に登場。2代目モデルは、2005年にデビューした。欧州市場には、『ix45』の名前でリリースされているグローバル車。

3代目モデルは2012年4月、ニューヨークモーターショー12で発表。北米では、『サンタフェ スポーツ』のネーミングで投入されている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース