【リコール】スズキ キャリイ など、スペアタイヤ脱落のおそれ

自動車 ビジネス 企業動向
改善箇所
  • 改善箇所
スズキは7月31日、『キャリイ』などのスペアタイヤキャリアフックに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『キャリイ』、日産『NT100クリッパー』、マツダ『スクラム』、三菱『ミニキャブ』の4車種で、2013年12月24日~2014年2月17日に製造された計1万5990台。

スペアタイヤキャリアを固定するフックの溶接が不適切なため、当該溶接部が剥がれ、フックが脱落することがある。そのため、スペアタイヤキャリアが傾き、最悪の場合、走行中にスペアタイヤが脱落し、他の交通の妨げとなるおそれがある。

全車両、フックの溶接状態を点検し、適切でないものは、フックを再度溶接する。

不具合は2件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • スズキ、世界生産7.5%増の154万8694台で2年ぶりのプラス…2014年上半期実績 画像 スズキ、世界生産7.5%増の154万8694台で2年ぶりのプラス…2014年上半期実績
  • スズキ、新型軽トラック キャリイ にディスチャージヘッドランプ装着車を設定 画像 スズキ、新型軽トラック キャリイ にディスチャージヘッドランプ装着車を設定
  • スズキ、キャリイ 特装車シリーズを発売…冷凍車やバイクトランポなど 画像 スズキ、キャリイ 特装車シリーズを発売…冷凍車やバイクトランポなど
  • スズキ、世界生産15.6%増の23万6751台で4か月連続プラス…6月実績 画像 スズキ、世界生産15.6%増の23万6751台で4か月連続プラス…6月実績

特集