トヨタの次世代モビリティに試乗…ランエリアはLEDで演出、2人でバトルも

自動車 ニューモデル モビリティ

さすがに上手い! 滑らかに弧を描くスタッフのデモ走行
  • さすがに上手い! 滑らかに弧を描くスタッフのデモ走行
  • 両足を載せてまずは静止。これが意外と難しい
  • スケートのように片足を上げては……ダメ
  • キラキラのコース上をデモ走行。早くて上手い! 軌跡もLEDで表示
  • 「レスポンス」として参加。となりのブルーの媒体に勝ちました!
  • 降りたあともLEDで存在位置をキラキラ表現
  • 写真奥の受付テーブルの下にLED操作用パソコンがある
  • 過激に(!?)走り終えたあとのウィングレット。何もなかったように静か
東京・台場のMEGA WEBでは、7月18日から、次世代型プレイモビリティ『Winglet(ウィングレット)』に体験試乗できるドライビングアトラクション『Winglet Challenge』が開催される。

17日のプレス試乗会では、5台のウィングレットが登場。LEDが埋め込まれた約7m四方のランエリアはさまざまな色を発し、スタッフによるデモ走行では、ウィングレットの走り去ったあとの軌跡もLEDで表示される。

同施設を運営するアムラックストヨタは「受付テーブルの下にパソコンを仕込んであり、そこでコースの形状や色、軌跡の流れ方などを調整・変更できる」と言う。コースは同じものが左右に2面用意され、「単独でもトライできるし、2人で競い合うこともできる」と同スタッフ。

ランエリアの辺上にレーザー発光器が設置され、ウィングレットの走る動きを検知。コースアウト時の“減点”などもレーザーによって算出する。

競技ルールは、正確性と速さによる加点方式。走行タイムの評価点に加え、コースアウトによる減点や、コース上にあるボーナスポイントを通過することで獲得できるボーナスポイントなどの総合評価でドライバーの得点が算出される。

ウィングレットのモーター出力は約500W、最高速度は6km/h。リチウムイオン電池は約1時間半(AC100V電源)で満充電となる。『セグウェイ』に似たスタイルだが、「セグウェイと同じイメージで乗ると、ちょっと戸惑うかもしれない」とスタッフ。

左右の手による旋回と、足先の加重加減で前後するウィングレット。最高10000点を目指し、早く正確に次世代モビリティを操る楽しさを体感してほしい。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集