【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】時速100kmまで3.2秒…伊スーパーカー新型は2750万円

自動車 ニューモデル 新型車

ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ステファン・ヴィンケルマン代表兼CEO
  • ランボルギーニ ウラカン
  • ランボルギーニ ウラカン
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
イタリアのスポーツカーブランド、ランボルギーニは17日、新型『ウラカン LP610-4』を日本で発売した。1万4000台を販売しランボルギーニ史上最も売れた『ガヤルド』の後継車にあたる2ドア・ミッドシップクーペだ。価格は2750万円。

新開発の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力610hp/8250rpm、最大トルク57.1kgm/6500rpmを発揮する。トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「LDF」、駆動方式はフルタイム4WDを組み合わせる。

軽量な素材であるカーボンファイバーとアルミによるシャシー、ボディにより車両重量は1422kg(乾燥重量)に抑えられた。これにより、0-100km加速3.2秒、最高速325km/h以上と、まさにスーパーカーの性能を実現する。燃費は8km/リットル(12.5リットル/100km)。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集