【BMW 435i グランクーペ M Sport 試乗】6気筒ならではの味わいとパワフルさ…島崎七生人

試乗記 輸入車
BMW435iグランクーペ M Sport
  • BMW435iグランクーペ M Sport
  • BMW435iグランクーペ M Sport
  • BMW435iグランクーペ M Sport
  • BMW435iグランクーペ M Sport
  • BMW435iグランクーペ M Sport
  • BMW435iグランクーペ M Sport
  • BMW435iグランクーペ M Sport
『4シリーズ グランクーペ』のトップモデルがこちらの「435i」だ。3リットルの直6ツインパワーターボ(306ps/40.8kg-m)と8速ATを組み合わせて搭載。試乗車は「M Sport」で、オプションを含め909.2万円の状態だった。

何といっても印象的なのは、エンジンの存在感。「428i」も性能は十分だが、435iではスペック以上のダイナミックさに手応えを感じる。さらにエンジン回転を上げると、“聞かせる”ように設定されているとしか思えないメカニカルなエンジン音が心地よく室内に届く。BMWの6気筒はやはり魅力的だ…と思わせられる瞬間だ。

当然、428i比で+60kgの車重もモノともしない。というより、車検証上の前後重量(前840kg/後850kg)バランスのよさは4気筒以上で、4気筒の小気味よさとはまた別の、クルマの一体感を強く感じながらのしなやかでスムースな身のこなしが味わえる。

M Sportサスペンション、ブレーキ(足元に青いキャリパーが覗く)も専用だが、標準仕様以上にフラットな乗り味がグランクーペらしい。フロントシートもフィット性が高く、山道や長距離を一気にこなすようなドライブでも一切疲れをおぼえなさそう、だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集