ルノー、アジア太平洋地域を2分割する新体制に…中国を重視

自動車 ビジネス 海外マーケット
ルノー イニシャル パリ(北京モーターショー14)
  • ルノー イニシャル パリ(北京モーターショー14)
フランスの自動車大手、ルノーグループは7月10日、アジア太平洋地域を2分割する新体制を発表した。

今回、ルノーグループは、世界を大きく分けて、6地域に分ける新体制をアナウンス。その中核となるのが、アジア太平洋地域を2分割すること。

これは、アジア太平洋地域の成長が、著しいことへの対応。ルノーの新体制では、アジア太平洋地域を、中国とASEAN(アセアン)に分割する。

ルノーの定義するASEANには、韓国、日本、オーストラリア、オセアニアが含まれる。世界最大の新車市場となった中国を、独立させた形を取る。

ルノーはこの新体制に、9月1日付けで移行する予定。アジア太平洋地域担当の取締役には、ギレス・ノルマンド氏を任命。中国での合弁事業の推進をはじめ、アジア太平洋地域での将来戦略の舵取りを行う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集