新京成車、ピンクの新デザインに…8月29日から運転開始

鉄道 企業動向
新京成8800形の新デザイン車のイメージ。8月29日から1編成の運用を開始する。
  • 新京成8800形の新デザイン車のイメージ。8月29日から1編成の運用を開始する。
  • 8800形の現在のデザイン。今後4年かけて8800形を含む新京成全車が新デザインに変更される予定。
新京成電鉄は7月14日、同社が保有する鉄道車両のデザインを変更すると発表した。8月29日から1編成の運用を開始し、4年かけて全編成のデザインを変更する。

新京成が新デザインの車両を導入するのは2005年の新型車両導入以来、9年ぶり。今年6月から使用している新しいシンボルマークにあわせ、同社コーポレートカラーの「ジェントルピンク」を基調にする。これまで車両のデザインは形式により異なっていたが、全形式を同じデザインに統一するという。

まず8800形1編成のデザインを変更し、8月29日から運用を開始。その後は4年かけて同社が保有する8000形4編成と8800形16編成、8900形3編成、N800形3編成の全26編成(162両)のデザインを順次変更する。

新京成は今回のデザイン変更によって「お客さまや沿線にお住まいの方々などに、より一層当社に親しみを持っていただく他、さらなる沿線価値向上を目指していきます」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 新京成、6月1日から新シンボルマークとスローガン導入 画像 新京成、6月1日から新シンボルマークとスローガン導入
  • 新京成、松戸花火大会にあわせ臨時列車運転 画像 新京成、松戸花火大会にあわせ臨時列車運転
  • 新京成の3日間フリー切符、今夏も発売 画像 新京成の3日間フリー切符、今夏も発売
  • 新京成線連立事業、5月に仮線切替が完了へ 画像 新京成線連立事業、5月に仮線切替が完了へ
  • 新京成電鉄、陸自の桜並木をライトアップ 画像 新京成電鉄、陸自の桜並木をライトアップ

特集