キャデラック ATS クーペ、ZF製のステアリング採用

自動車 ニューモデル 新型車
キャデラック ATS クーペ
  • キャデラック ATS クーペ
  • キャデラック ATS クーペ
  • キャデラック ATS クーペ
  • キャデラック ATS クーペ
  • キャデラック ATS クーペ
米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、キャデラックは7月2日、2015年モデルとして米国市場に投入する『ATSクーペ』に、ZF製のステアリングシステムを採用したと発表した。

ATSクーペは、キャデラックの新しい小型スポーツセダン、『ATS』に追加される2ドアクーペ。ボディサイズは、全長4663×全幅1841×全高1392mm、ホイールベース2755mm。ホイールベースは、セダンのATSと同サイズ。その上で、ATSクーペでは、伸びやかなクーペフォルムを構築する。

セダンのATSと似ているデザインだが、フロントマスクをはじめ、ルーフ、ドア、リアフェンダー、トランクリッド、フロントフェンダーなどがクーペ専用設計。フロントグリルには、久しぶりにデザインを刷新したキャデラックエンブレムが装着された。

搭載エンジンは、セダン譲り。直噴ガソリン2種類が用意されており、自然吸気の3.6リットルV型6気筒は、最大出力321ps、最大トルク38kgm。2.0リットル直列4気筒ターボは、最大出力272ps、最大トルク40.8kgmを発生する。

7月2日、キャデラックはATSクーペに、ZF製のステアリングシステムを採用したと発表。キャデラックによると、新開発の電動パワーステアリングシステムは、速度や舵角に応じて、最適な操舵力を提供するという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集