アフリカで日本車の人気が急上昇中…国をあげてのバックアップも

エマージング・マーケット 中東・アフリカ

コンゴ民主共和国 首都キンシャサで日本車の、大ブームが起こっている!!

アフリカビジネスニュースを配信するアフリカ開発投資グループによると現地中古車販売が、先月比180%アップと言う驚異的数字を叩き出している。

国際自動車流通協議会(iATA)が財務省の貿易統計をベースに集計したデータでは、2013年1~6月の輸出台数は56万1041台。これは前年同期比13%の増加となった。
中でも目立つのが、アフリカで、実に上位30カ国のうち10カ国がアフリカとなった。最後のフロンティアとしてあらゆる製品・サービスの市場が、台頭して来たアフリカだが、既に中古車では巨大マーケットとして確立しつつある。
アフリカ開発投資グループ                          African Develooment and Investment Groupでは、コンゴ民首都キンシャサにおいて進出する企業を募集している。
進出企業には中古車を展示するヤードの提供される。


問い合わせ
アフリカ開発投資グループ                          African Develooment and Investment Group

tafdig@gmail.com

日本中古車 アフリカ コンゴ民キンシャサで大ブーム!!

《アフリカビジネスニュース》

編集部おすすめのニュース

特集