山手線田町~品川間の新駅、2020年の暫定開業目指す

鉄道 企業動向

2020年のオリンピック開催にあわせた暫定開業を目指す、山手・京浜東北線田町~品川間の新駅のイメージ。JR東日本は新駅の特徴を「新駅とまちが一体となった象徴的なにぎわい空間」としている。
  • 2020年のオリンピック開催にあわせた暫定開業を目指す、山手・京浜東北線田町~品川間の新駅のイメージ。JR東日本は新駅の特徴を「新駅とまちが一体となった象徴的なにぎわい空間」としている。
  • 新駅の予定位置。車両基地の整理縮小によって捻出された敷地の一部を活用し、線路を東側に移設した上で駅を設ける。周辺には羽田・成田両空港へのアクセス鉄道ルート上にある泉岳寺駅や、羽田空港アクセス鉄道化構想がある東海道貨物線などがある。
  • 品川駅の田町方では車両基地の整理縮小工事が行われている。新駅はこの工事によって捻出される敷地を使用して建設する。
JR東日本は6月3日、山手・京浜東北線電車の田町~品川間(東京都港区)に新駅を設置すると正式に発表した。当面は東京オリンピック・パラリンピック開催にあわせた暫定開業を目指す。

同社は東海道線と宇都宮・高崎・常磐線の直通運転を可能にする東北縦貫線(上野東京ライン)の2014年度末使用開始にあわせ、田町~品川間にある品川車両基地の整理縮小工事を進めている。新駅は車両基地の整理によって創出される敷地(約13ha)の一部を活用する。

隣接駅間の距離は田町~新駅間が約1.3km、新駅~品川間が約0.9km。山手・京浜東北線の線路を東側に移設した上で島式2面4線のホームを設置し、山手線電車と京浜東北線電車が停車する。新駅前には「人・駅・街・地域をつなぐ、にぎわいと魅力ある人中心の広場空間(2階レベル)」を創出するという。

新駅は2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会にあわせた暫定開業を予定。JR東日本は今後、鉄道改良計画やまちづくり計画について検討と調査を進め、必要な行政手続きなどを踏まえて決定するとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集