【フォード エコスポーツ 発売】力強さと躍動感表す、進化したデザインとは

自動車 ニューモデル 新型車

フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
フォード『エコスポーツ』のデザインテーマには、フォードがグローバルで展開している“キネティックデザイン”をさらに進化させた“ニューグローバルデザインランゲージ”が採用されている。

キネティックデザインとは、フォードの魅力のひとつである、走りの良さを視覚的にアピールするもの。止まっていてもいまにも走りだしそうなデザインを目指している。その後、新世代デザインテーマとして登場したのが、ニューグローバルデザインランゲージだ。北米での『フュージョン』や、『フィエスタ』から採用が開始された。エコスポーツのデザインは、そこにSUVならではの力強さを付加したものとなる。

その特徴について、フォード・ジャパンマーケティング部の佐藤健さんは、「レーザーカットデザインと呼んでいる切れ長のヘッドランプから、フロンドフェンダーを通り、傾斜したAピラー、そしてルーフへと続くライン。そして、ボディサイドではドアハンドルのところを通るキャラクターラインにより、躍動感、動きを表現している」という。

キネティックデザインの特徴である台形のモチーフも随所に配された。「フォグランプベゼルや、フロントグリルも台形を二つ重ねたようなデザインになり、大きく高めに配置することで、SUVならではの力強さも演出。さらに大きく開いたグリルが、迫ってくるような押し出し感を与える」と話す。

さらに、「ボディサイド下部にはモールディングを施すことで、SUVの力強さを醸し出し、リアには、フルサイズのスペアタイヤを背負うことで、誰が見ても一目でSUVとわかるデザインに仕上げている」と、セールスポイントのひとつである、“力強さと躍動感を融合したSUV”であることを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集