【フォード エコスポーツ 発売】コンパクトだが、クーガ に迫る室内空間

自動車 ニューモデル 新型車

フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
フォード・ジャパンが5月31日より発売を開始する『エコスポーツ』のセールスポイントのひとつに、“誰にでも扱いやすいコンパクトサイズ”がある。

「エコスポーツの全長は4195mmと扱いやすいサイズ」と話すのは、フォード・ジャパンマーケティング部の佐藤健さん。

フォード・ジャパンのSUVラインナップは『エクスプローラー』、『クーガ』、エコスポーツとなり、ひとクラス上のクーガとサイズを比較すると、「全長は345mm短くなる(クーガ:4540mm、エコスポーツ:4195mm)一方、全高は50mmしか低くない(クーガ:1705mm、エコスポーツ:1665mm)ので、ドライバーのアイポイントは高く見通しが良いままに、取り回しがしやすいことから、街中でも運転が楽なクルマになっている」と話す。

佐藤さんは、「扱いやすく小柄な外観だが、クーガと比較し、ヘッドルーム、レッグルーム、ショルダールームの数値は同等レベルを実現。乗員はゆとりある空間でクルージングを楽しむことが出来る。さらにリアシートはリクライニング機構を採用しているので、後席の乗員もゆったりとくつろげる室内に仕上がった」と述べる。

エコスポーツは『フィエスタ』のBプラットフォームを採用。「ハンドリング方向にセッティングされたフィエスタに対し、エコスポーツは、乗り心地、快適性に主眼を置き、サスペンションをしなやかな味付けにした。それにより、ロングクルージングでもより疲れにくくなり、SUVとしての最適なチューニングが施されている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集