ホンダ、タイでの新車販売、前期比68%大幅減…他人事ではないその理由

エマージング・マーケット 東南アジア

【タイ】ホンダは22日、乗用車の新型「ジャズ(日本名、フィット)」をタイで発売すると発表した。小売価格は55・5万―75・4万バーツ(約173万―236万円)。12カ月で2万台の販売を目指す。

 タイの新車市場は2012年に実施された1台目の自家用車購入に対する優遇税制による需要の先食いと昨年後半からの政治混乱で落ち込み、1―4月の販売台数は前年同期比43・1%減の29万7431台、このうちホンダの販売台数は68%減の2万9555台と低迷した。ホンダはこれを受け、新車市場規模を当初予想の130万台から100万台に、自社の販売目標を当初より2万台少ない16万台に下方修正した。

 22日にはタイで軍によるクーデターがあり、タクシン元首相派政権が崩壊した。

ホンダ、タイで新型「ジャズ」発売

《newsclip》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集