関西国際空港、水素グリッドエアポートへ…燃料電池フォークリフトや水素ステーションを整備

航空 企業動向

関西国際空港、燃料電池フォークリフト導入や、水素供給施設の整備など、水素グリッドエアポートの実現に向けた実証事業
  • 関西国際空港、燃料電池フォークリフト導入や、水素供給施設の整備など、水素グリッドエアポートの実現に向けた実証事業
新関西国際空港は、燃料電池フォークリフトの導入や、水素供給施設の整備など、水素グリッドエアポートの実現に向けた活動を開始する。

関西空港では、世界最高水準の環境性と安全性を備えた「環境先進空港」を目指した、『スマート愛ランド構想』のもと、空港島内での太陽光や水素などのクリーンエネルギーを活用した事業を開始する。

スマート愛ランド構想の柱の一つである「水素グリッドプロジェクト」について、国の支援や国際戦略総合特区制度を活用、関係者連携のもと、本格的に事業を開始する。

今回の事業は、空港施設への大規模な水素エネルギーを導入する日本初の実証事業で、関西空港で、今後3年間にわって貨物上屋への燃料電池フォークリフトの導入や、水素供給施設などのインフラ整備を進める。空港内コミュニティーにおける水素エネルギー活用モデルの構築を目指す。

現在、トヨタ自動車と豊田自動織機が開発を進めている燃料電池フォークリフトについて、2014~2015年度にかけて関西空港の貨物上屋へ2台導入するとともに、岩谷産業がこれに必要な水素供給施設などの水素インフラを整備する。加えて、2期ターミナル地区付近で、今後の燃料電池自動車の普及を視野に本格的な水素ステーションの整備も進める。

これに加え、2期ターミナル地区での水素エネルギーの供給を検討するほか、空港島のエネルギーマネジメントシステムの構築など、水素エネルギー空港に向けた取り組みを進めていく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集