メルセデスベンツ日本、東北2市にスマートEVを無償譲渡

自動車 ビジネス 企業動向

「スマート EV サミット 2014 in 陸前高田」にて、左が東松島市使用車両、右が釜石市使用車両
  • 「スマート EV サミット 2014 in 陸前高田」にて、左が東松島市使用車両、右が釜石市使用車両
  • スマート フォーツーの電気自動車
  • スマート フォーツーの電気自動車
メルセデスベンツ日本(MBJ)は5月20日、東日本大震災で被災した東松島市と釜石市の「復興まちづくり」を支援するため、両市にマイクロコンパクトカー『スマート電気自動車』を無償譲渡すると発表した。

MBJは、東日本大震災復興支援の一環として両市に昨年4月より同車を貸与してきたが、約1年間の活動を通しその有用性が実証されたため、より幅広い活動に対し新しい枠組みで協力する。

MBJは、今年3月に開催した「スマートEVサミット 2014 in 陸前高田」で、両市の復興計画担当者とスマート電気自動車の活用実績について意見を交換。公用車にスマート電気自動車を導入したことで、環境への配慮や車の運転スタイルにおいて大きな意識改革がはかれたとし、未来のまちづくりにおける電気自動車の有用性を確認した。

MBJは両市の取組みに共鳴するとともに、高い環境適合性を持つスマートブランドとの親和性が高いことを鑑み、スマート電気自動車を継続して活用してもらうことで合意。今後も両市のスマートシティ・スマートコミュニティ計画の推進を支援していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集