トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産台数が250万台…13年で達成

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車のフランス生産子会社、TMMF(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・フランス)は、『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)の累計生産台数が、250万台に到達したと発表した。

TMMFは2001年、ヤリスの現地生産を開始。主に、欧州市場に出荷してきた。2013年5月からは、北米向けの生産も日本から移管。累計生産台数250万台は、生産開始から13年で達成した記録となる。

記念すべき累計生産250万台目となったヤリスは、日本仕様にはない『ヤリス ハイブリッド』。フランス国内向け車両の出荷を、TMMFの従業員が祝福した。

ヤリス ハイブリッドの欧州販売は好調。2014年第1四半期(1-3月)は、ヤリスの欧州販売の31%を占有。1-3月の全ての月で、過去最高の販売を記録している。

欧州トヨタのマーケティングディレクター、Agustin Martin氏は、「2001年の発売以来、ヤリスは主力車種のひとつになった。2013年は、欧州の車名別販売ランキングの10位につけた」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集