ホンダ、インドで CBR650 を生産へ…HMSI社長「1年半以内に」

モーターサイクル 新型車

ホンダ CBR650
  • ホンダ CBR650
  • ホンダ インド二輪車ディーラー大会
  • ホンダ CBR650
  • ホンダ インド二輪車ディーラー大会
  • ホンダ CBR650
  • ホンダ インド二輪車ディーラー大会
ホンダのインド二輪事業会社、ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)の村松慶太社長は5月13日、都内で報道陣と懇談し、大型バイク『CBR650』を1年半以内に現地で組み立て生産を開始する計画を明らかにした。

村松社長は「1年半くらいかかるかもしれないが、是非インドでCBR650を生産して販売したい。アッセンブリーになると思うがチャレンジしたい」と述べた。

村松社長によるとインドの富裕層の間で大型バイクが広がりつつあり、ホンダ車も「『CBR1000』とか『CB1000』、『VFR』などを完成車で輸入している。関税が非常に高いが、それでも年間200~300台くらい出ている」という。

HMSIはインド国内に3つの生産拠点をもち、2015年度下期にはグジャラード州で第四工場が稼働する。村松社長はCBR650の具体的な生産場所、規模に関しては言及しなかった。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集