BMW M4 クーペ、DTM の公式セーフティカーに起用

自動車 ニューモデル 新型車

BMW M4クーペ DTMセーフティカー
  • BMW M4クーペ DTMセーフティカー
  • BMW M4クーペ DTMセーフティカー
  • BMW M4クーペ DTMセーフティカー
  • BMW M4クーペ DTMセーフティカー
  • BMW M4クーペ DTMセーフティカー
  • BMW M4クーペ DTMセーフティカー
  • BMW M4クーペ DTMセーフティカー
  • BMW M4クーペ DTMセーフティカー
ドイツの高級車メーカー、BMWは5月2日、2014年シーズンのDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)の公式セーフティカーに起用される『M4クーペ』を発表した。

この車両は、『M4クーペ DTMセーフティカー』と命名。市販車のM4クーペをベースに、フラッシュライトなど必要なアイテムを追加した。カーボンファイバー製のリアスポイラー&ディフューザーなど、Mパフォーマンスパーツも装備される。

さらに、ロールケージやバケットシートなど、サーキット向け装備も採用。このロールケージを組み込むために、後席は取り払われた。

パワートレインに変更はない。M4クーペには、新開発の直噴3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載。最大出力431ps/5500-7300rpm、最大トルク56.1kgm/1850-5500rpmを引き出す。このスペックは、先代『M3クーペ』の4.0リットルV型8気筒自然吸気エンジン(最大出力420ps、最大トルク40.8kgm)に対して、11ps、15.3kgmパワフル。

トランスミッションは、6速MTと7速デュアルクラッチの「DCT」。0-100km/h加速は、7速DCTが4.1秒、6速MTが4.3秒。最高速は250km/h(リミッター作動)。「Mドライバーズパッケージ」ではリミッターが解除され、最高速は280km/hに到達する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集