【プジョー208 Allure 試乗】軽い刺激が味わえるコンパクトカー…島崎七生人

試乗記 輸入車

プジョー208 Allure 5MT
  • プジョー208 Allure 5MT
  • プジョー208 Allure 5MT
  • プジョー208 Allure 5MT
  • プジョー208 Allure 5MT
  • プジョー208 Allure 5MT
  • プジョー208 Allure 5MT
  • プジョー208 Allure 5MT
最新の1.2リットル3気筒エンジン搭載車のうち唯一の5速MT車が、『208』の「Allure」に設定される。同じ3ドアハッチバックモデルのETG(自動シフト)車に較べ、車重は20kg軽量に仕上げられている。

試乗車は1100km+走行のおろして間もない個体。試乗済みの4ドア+5速ETG車やシトロエン『C3』を念頭に走らせてみると、やはり軽快さが実感できる。クラッチはストロークが大きめで、新車ゆえかシフトフィールがまだ若い。なので、少し軽めの保舵力に躾けられた電動パワーステアリングとともに、それらに身体が馴染むほどに、運転のリズムが掴めるようになる。アイドリングストップと、(MT車だからこその)ヒルスタートアシスタンスが付かないのは少し惜しい。

乗り味は出足から低速域はなめらか。さらにスピードを上げると、減衰があがり、スポーティな走りにフィットする。終始シットリ系の乗り味のシトロエンC3との味付けの違いは明確。個人的な印象だが、エンジン自体もC3(ETG車)のそれより、全体にキレ、メリハリのある特性に感じる。

慣れといえば、非円形の小径ステアリング越しの上から見渡すメーター、着座位置に対し相対的に低い左右のウインド下端ラインなど、ポジションも相変わらずユニーク。そうしたインテリアのしつらえ込みで、乗るたびに軽い刺激を与えてくれるコンパクトカーだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集