日産、スペイン工場で e-NV200 の生産開始…6月より日本など20か国へ輸出

エコカー EV

日産自動車は、同社にとって2車種目の電気自動車(EV)となる『e-NV200』の生産を開始した。

同モデルは、乗用ユースとしても商用ユースとしても使用できる多機能バン。バルセロナ工場にて5日に実施された生産開始式典には、ホセ・マヌエル・ソリア スペイン国産業相、アルトゥール・マス カタルーニャ州知事、ジャビエル・トリアス バルセロナ市長をはじめとする、多くの地元関係者が参列した。

日産自動車は、スペインでの生産事業への新規投資額4億3100万ユーロ(約608億円)のうち、e-NV200の生産に1億ユーロ(約141億円)を投資する。e-NV200は、まず日本をはじめとする約20か国に向けて6月より輸出を開始。その後は『リーフ』同様、徐々に輸出先を広げていく予定。

なお、e-NV200の生産工場を構えるバルセロナ市は、タクシー用途として同モデルを導入する世界で最初の自治体となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集