双日、米国のBMW・MINIディーラーを新たに買収

自動車 ビジネス 海外マーケット

双日、BMWとMINIのディーラーを手掛けるインポート・モーターズを買収
  • 双日、BMWとMINIのディーラーを手掛けるインポート・モーターズを買収
双日は、米国カリフォルニア州コンコード市のBMWとMINIブランド自動車認定ディーラーであるインポート・モーターズを買収したと発表した。

インポートモーターズの発行済み株式100%を取得し、米国でBMWとMINIの販売・サービス事業を拡張する。

インポートモーターズは、1974年の創業以来、BMWブランド自動車の販売を通じて強固な顧客基盤を持つディーラーで、2004年からMINIブランド自動車の認定ディーラーも開始している。

双日は、1987年に米国カリフォルニア州バークレー市に拠点を置くBMWブランド自動車の認定ディーラーのウェザーフォード・モーターズの経営権100%を取得した。インポートモーターズは、ウェザーフォードの近郊に位置し、ウェザーフォードと一部地域で競合する関係にある。

今回の株式取得により、サンフランシスコ湾岸地域で2拠点体制を構築、経営効率の向上を図り、販売拡大とサービスの拡充を目指す。同地域ではプレミアムブランド車の市場占有率が他地域よりも高く、今後も成長が見込めると判断した。

双日は、ウェザーフォードの長年の経験を背景に、中長期的に持続的な拡大が見込まれる米国自動車市場で、ディーラー事業の強化を推進し、将来の成長機会を取り込んでいくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集