マツダの i-ELOOP リコール、全世界では8.8万台…アテンザ と アクセラ など

自動車 テクノロジー 安全
マツダ・Mazda6(日本名:アテンザ セダン)
  • マツダ・Mazda6(日本名:アテンザ セダン)
  • 新型マツダ3(アクセラ)セダン
  • マツダ CX-5 (米国仕様)
マツダが4月3日、『アテンザ』と『アクセラ』のエンジン制御コンピュータに不具合があるとして、国土交通省に届け出たリコール(回収・無償修理)。このリコールが、全世界に波及している。

今回のリコールは、エンジン制御コンピュータの不具合によるもの。マツダによると、「i-ELOOP」(減速エネルギー回生システム)のキャパシタ故障判定プログラムが不適切なため、キャパシタが正常でも故障と判定し、オルタネータの発電を停止して、充電警告灯が点灯。ディスプレイに、「充電システム異常」と表示される場合があるという。

この状態で走行を続けると、バッテリーの電圧が低下。段階的にエンジン警告灯が点灯し加速不良となり、最悪の場合、エンジンが停止して再始動できなくなる恐れがあるとしていた。

日本国内でリコールの対象となるのは、アテンザとアクセラ。2012年10月から2014年1月かけて生産された2万7627台が該当する。マツダは、「エンジン制御コンピュータのキャパシタ故障判定プログラムを書き換える」と説明。

このリコールが全世界に波及。マツダによると、欧州で約3万8000台、北米で約6500台など、全世界では約8万8000台がリコールの対象。海外市場では、一部の『CX-5』も含まれるという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • リコール騒動に揺れるGM 画像 リコール騒動に揺れるGM
  • GM の大規模リコール、米国で公聴会…CEOが謝罪 画像 GM の大規模リコール、米国で公聴会…CEOが謝罪
  • トヨタ、リコール問題で米司法省と和解…制裁金は12億ドル 画像 トヨタ、リコール問題で米司法省と和解…制裁金は12億ドル
  • 【新聞ウォッチ】GM初の女性CEOの試練、大量リコール問題に直面 画像 【新聞ウォッチ】GM初の女性CEOの試練、大量リコール問題に直面
  • GMのリコール、162万台に拡大…死者13名と公表 画像 GMのリコール、162万台に拡大…死者13名と公表

特集