【アウディ A8 改良新型】ハイブリッドからW12、そしてSモデルまで揃うフラッグシップサルーン[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ・A8 4.0 TFSI quattro
  • アウディ・A8 4.0 TFSI quattro
  • アウディ・A8 4.0 TFSI quattro
  • アウディ・A8 4.0 TFSI quattro
  • アウディ・A8 4.0 TFSI quattro
  • アウディ・A8 4.0 TFSI quattro
  • アウディ・A8 4.0 TFSI quattro
  • アウディ・A8 4.0 TFSI quattro
  • アウディ・A8 4.0 TFSI quattro
アウディのフラッグシップセダン『A8』。現行モデルが2010年に登場し、改良新型モデルが2013年9月にフランクフルトモーターショーにてアンベイルされた。

「A8」と「A8 L」は3月13日より発売を開始したが、高性能モデル「S8」と6.2リットルW12エンジンを搭載した「A8 L W12」は5月8日より導入される。エクステリアデザインでは、フロントグリル、ボンネット、ヘッドライト、リアバンパーと窓周りのクロームアクセントが新デザインに変更。

中間モデルとなる「4.0 TFSI quattro」には、4.0リットルのツインターボV8エンジンが搭載される。最高出力435psと最大トルク650Nmを発揮するユニットは、シリンダー オン デマンド(気筒休止システム)も採用し10.4km/リットルの燃費を達成した。価格は、1240万円だ。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集