【バンコクモーターショー14】マツダ、現地生産の新型アクセラで新たな価値観をアピール

自動車 ニューモデル 新型車
新型マツダ3(バンコクモーターショー14)
  • 新型マツダ3(バンコクモーターショー14)
  • マツダ・セールス(タイランド)の柚木長一社長
  • 新型マツダ3(バンコクモーターショー14)
  • 新型マツダ3(バンコクモーターショー14)
  • 新型マツダ3(バンコクモーターショー14)
  • 新型マツダ3(バンコクモーターショー14)
  • 新型マツダ3(バンコクモーターショー14)
  • 新型マツダ3(バンコクモーターショー14)
マツダのタイ法人、マツダ・セールス(タイランド)は24日から開催中のバンコクモーターショー14において、 新型『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)を出展した。

同車はマツダの車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)」(AAT)にて生産され、タイ国内市場向けに18日から販売を開始している。

パワートレインは2.0リットルガソリン車のみで、価格は83万3000バーツから109万4000バーツ(約261万~343万円)。年間1万3000台の販売を目指す。ガソリンにエタノールを85%混合した代替燃料「E85」にも対応しているため、物品税減額車の認定を受けている。

マツダ・セールス(タイランド)社長の柚木長一氏は、「セダン市場のタイではあるが、マツダ3は5ドアが主流のモデルなので、ハッチバックを60%、セダンを40%の割合で生産する。これまでのCセグメントカーが物足りないという層に向けて、新たにプレミアムなモデルをアピールしていく」と話した。

さらに、「従来の2リットル車よりもドライビングのパフォーマンスを向上し、1.6リットル車よりも低燃費を実現した。また、“MZDコネクト”(マツダコネクト)により、運転中も安全にスマートフォンを使える環境をタイでも普及させていきたい」(柚木氏)と意気込みを見せている。
《吉田 瑶子》

編集部おすすめのニュース

  • 新型マツダ3、タイでの現地生産を開始 画像 新型マツダ3、タイでの現地生産を開始
  • 【千葉匠の独断デザイン】マツダのデザイン本部長に問う、『跳』の魂動表現 画像 【千葉匠の独断デザイン】マツダのデザイン本部長に問う、『跳』の魂動表現
  • マツダの次世代コンパクトカー、跳(HAZUMI)…ディティールを見る[動画] 画像 マツダの次世代コンパクトカー、跳(HAZUMI)…ディティールを見る[動画]
  • マツダのメキシコ工場開所式、大統領が異例のサービスぶり 画像 マツダのメキシコ工場開所式、大統領が異例のサービスぶり

特集