【ホンダ ヴェゼル ハイブリッド 試乗】近未来感漂うも、乗り心地の硬さは気になる…岩貞るみこ

試乗記 国産車
ホンダ・ヴェゼル ハイブリッド
  • ホンダ・ヴェゼル ハイブリッド
  • ホンダ・ヴェゼル
  • ホンダ・ヴェゼル
  • ホンダ・ヴェゼル
  • ホンダ・ヴェゼル
  • ホンダのコンパクトSUV ヴェゼル
  • ホンダのコンパクトSUV ヴェゼル
  • ホンダのコンパクトSUV ヴェゼル
コンパクトなSUVテイストは、今年のトレンド。節約疲れでよれよれになっている日本に示す一筋の明るい光。でもこのコンパクト・クロスオーバーは、世界的な流れみたいだから、つまりは世界中が節約エコ疲れをしているのかも。

デザインは、SUVの兄貴格である『CR-V』に比べると、さらに街乗り重視が進んで洒落っ気大放出。ホンダにはめずらしく色気のあるラインがそこかしこに見られて、女心をぐっとつかんでくる。HVはインパネの表示もちょい未来が感じられ、シフトレバーの小ささ加減が「新しいモノ乗っている」満足感をくすぐってくる。車内の広さといい、荷室のアレンジといい、いいじゃん、これこれ、このサイズ、このコンセプト!

しかし、走り出すと、かったーい!17インチタイヤの乗り心地の硬いことといったら。たしかに、ワインディングは楽しかろう。びしっと決まる足回りが、ファンドライブを演出する。しかし、街乗りはどうよ。マンホール、アスファルトのつなぎめ、ちょっとした段差。いえ、舗装がちょっと古くなった道を走ると、胃がゆさぶられる感じ? これ、後部座席の人はどうなっちゃうんだろう(未体験ですみません)。ついでにHVの場合は、ブレーキが自分の思っている以上にきゅうっと効いてしまうので、速度コントロールに気を使ってしまう。HV、燃費もいいし近未来の匂いが漂っていいんだけれど、全体的なバランスを考えるなら、ノーマルエンジンの16インチをお勧めします!

■ 5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★
オススメ度:★★★


岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。
《岩貞るみこ》
【画像】【ホンダ ヴェゼル ハイブリッド 試乗】近未来感漂うも、乗り心地の硬さは気になる…岩貞るみこ(8枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース