【日産 デイズ ルークス 発売】発売1ヶ月で2万8000台受注、こだわり求めるユーザー増加

自動車 ニューモデル 新型車
日産・デイズ ルークス
  • 日産・デイズ ルークス
  • 日産・デイズ ルークス ハイウェイスター
  • 日産・デイズ ルークス ハイウェイスター
  • 日産・デイズ ルークス ハイウェイスター
  • 日産・デイズ ルークス プレゼン
  • 日産・デイズ ルークス プレゼン
  • 日産・デイズ ルークス プレゼン
  • 日産・デイズ ルークス プレゼン
日産自動車は、2月13日より発売を開始したスーパハイトワゴン『デイズ ルークス』の受注台数が、発売1ヶ月で2万8000台に達したことを明らかにした。同車の月間目標販売台数は5000台としており、今回の数字はその5.6倍に当たる。

「軽自動車にお金を費やすユーザーが増えている」と話すのは、マーケティング本部・マーケティングディレクターオフィスの岡部龍太氏。「ホンダ『N-BOX』が出てから、(考え方が)変わった。スズキ『パレット』やダイハツ『タント』などの客層はヤングファミリーや女性が殆どだったが、N-BOXは年配の方からの支持が入っている。(軽自動車が)単なるライフステージ商品を越えたところが、あれだけのヒットになっていると感じている。単純に広いだけではなくて、デザインや装備を気にするお客様が相当増えている」という。

デイズ ルークスの価格帯は競合車に合わせている。最下グレードの「S」が124万50円からで、最も売れているのは「ハイウェイスター X」(152万4600円~)だという。人気のボディカラーに関しては、「モカブラウン」「プレミアムパープル」「ブラック」がトップスリーに入り、うちブラック以外の二色は追加費用(2万6250円)を必要とする特別塗装色だ。

同氏は「軽自動車に150万円以上も費やすのかと驚かれるが、実際にはその辺りが売れ筋だ。ハイトクラス(『デイズ』、『ワゴンR』など)では値段を気にして買われる方が多いが、相場が10~15万円ほど上がるスーパーハイトクラスに関しては、以前と比べて金額を注ぎ込む方が増えている」と話した。

デイズ ルークスの納車時期に関しては、販売会社やグレードによるが、ほぼ4月1日の消費増税以降になるとのこと。
《小川 貴裕》

編集部おすすめのニュース

特集