【トヨタ ハリアー 新型発表】インテリアは従来モデルにこだわらない発想で

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ・ハリアー
  • トヨタ・ハリアー
  • トヨタ・ハリアー
  • トヨタ・ハリアー
  • トヨタ・ハリアー
  • トヨタ・ハリアー
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー
  • トヨタ・ハリアー
トヨタ『ハリアー』は、ハリアーらしさを残したエクステリアデザインに、思い切り変化させたインタリアデザインが組み合わされている。

トヨタ製品企画本部ZD技範の石井隆さんによると、「最近のクルマのエクステリアデザインは、ウェッジシェイップを強調するために、後ろへ行くほどに切れ上がるようなベルトラインが多い」という。

それに対し、ハリアーは「(先代は)水平基調ですっと後ろに向かって流れて行くのが特徴だ」と話す。それ以外に、「傾斜したAピラーとDピラーがハリアーらしさだ」とその要素を説明し、新型ハリアーは、その要素を継承しているとする。

それに対しインテリアは、「画期的に“飛ぶ”ことをテーマにしたことから、ハリアーらしさという点では、全く残っていない。高級感、本物感のある、いかにも職人が手を入れたようなという内装だ。対して、外観は、ハリアーをある程度残しながら、正常進化という表現で、デザインした」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集