NEC、ドライブレコーダーを活用した車両管理サービスが3G通信に対応

自動車 テクノロジー ネット
ドライブレコーダー
  • ドライブレコーダー
  • 管理画面
NECは、ドライブレコーダーを活用した車両管理サービス「くるみえ」について、リアルタイムに見える化された各種情報取得が可能になる新サービス「くるみえ(通信版)」を2月24日より販売開始した。

「くるみえ」は、ドライブレコーダーで取得した事故・危険運転映像、車両運行データを集計・解析するクラウドサービス。新サービスは、ドライブレコーダーで集計された大量な運行データを3G通信経由でNECのクラウド基盤において解析し、車両管理者へのヒヤリハット発生通知や、危険運転率の高い運転者特定を行う。

また、万が一の事故発生時には、ドライブレコーダーに記録された動画の閲覧や、事故時の状況を簡単に帳票出力することで迅速な事故対応も可能となる。

新サービスでは、3G通信モジュールを内蔵したドライブレコーダーを利用することで、定期的に位置情報や運行情報を3G通信網でデータセンターに送信。従来サービスでは、ドライバーが帰社後にドライブレコーダーからSDカードで情報をアップロードする必要があったが、自動でデータが送信されることによりドライバーに負担をかけない導入が可能となる。

価格はオープン。サービス開始は6月下旬の予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • オリックス自動車、法人向け車両管理ポータルサイトをリニューアル 画像 オリックス自動車、法人向け車両管理ポータルサイトをリニューアル
  • 日産、スマートフォンを活用した車両管理を提案…法人向けITサービスを公開 画像 日産、スマートフォンを活用した車両管理を提案…法人向けITサービスを公開
  • HYC、クラウド型法人車両管理ツールの販売を開始 画像 HYC、クラウド型法人車両管理ツールの販売を開始
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース